もふ

がんばる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ルーンの子供たち 最終巻
たったいま読み終わりました。
元々4巻にくっつける予定だったということもあり、いつもよりページ数は少なかった。
なるべくネタバレしないように感想を書きますが、まだ読んでない人は回れ右してください。









以下感想
面白かった。すげー面白かった。もうこれしか言えない。
「冬の剣」の最終巻は、なんだか辛いものがあったが(冬の剣の作品自体がそのような雰囲気なので仕方ないのだが)「デモニック」の方は本当に楽しく終わっていて、気分がすごくいい。しかし、最終巻としては煮え切らない部分もあり、もう少し続けてほしかったという気持ちも少なからずあります。煮え切らないというか、もっと物語を読んでいたかったという感じです。
さて、物語の内容ですが、公式サイトのブログに挙がっていたように、「冬の剣」にでてきたボリスとルシアンが再び舞台にあがります。予想通りだったので驚きはしなかったのですが、ボリスがここまで活躍するとは思ってなかったです。ボリススキーのオレには大満足。さすがオレの嫁なだけはあるな。
そして物語の中核である人形ですが、こいつには全俺が泣いた。文才のない俺にはこの気持ちを伝えることができないので、何も書きません。書けません。感動したよ・・・。
それにしても、最終巻でヒス叔父さんの好感度がグーンとupしたのは間違いないでしょう。ありがとう!ヒス叔父さん!って感じです。そして、第3部は激動期の話ということで、多分ランジエが主人公になるのではないかと思います。男・男と続いてるので、イスピンという線もなくはないんですが。。。個人的には、ランジエにしてもらえるとボリスが活躍してくれるので、うれしいです。それにしても全員が20代になったときの物語ってことは学園生活の描写が少なくなるんだろうと思いますのでそれが残念ですね。。。まぁ、第3部は後5年はかかると思うので気の早い話ですが。
| vaira | ルーンの子供たち | 20:36 | comments(0) | trackbacks(2) |
ルーンの子供たち 冬の剣
止まっていたルーンの子供たち布教計画。
今回は冬の剣の紹介をしたいと思います。
と、その前にデモニック2巻の発売日が9月27日から10月25日に延期したことをお知らせします。非常に残念です・・・。うわーん。


「冬の剣」シリーズ全3巻
ボリス・ジンネマンと伝説の武具「ウインタラーボトムキット」の物語です。
出てくるキャラクターはボリス・ルシアン・ナヤトレイ・クロエ・イサック(イザク)。
ボリスが主人公で、物語の後半からサブ主人公ルシアン・ナヤトレイみたいな感じです。

少しネタバレっぽくなりますが、少しだけ物語の内容を。
トラバチェス国の名門貴族ジンネマン家にいるボリスは兄イェフネンと平和な暮らしを送っていました。しかし、ある日ボリスの叔父に当たるブラッド・ジンネマンが家にきたことでボリスの運命が動き出します。
ブラッドにより全てを奪われたボリスとイェフネンは放浪の旅に出ますが、ウインタラーを狙って様々な追っ手がボリスたちに襲い掛かります。旅の途中、イェフネンが死に、信頼していた人物に裏切られます。身も心も疲れきったボリス。しかし、途中でボリスの「友達」ともいえる人物にめぐり合い、ボリスはある島にいくことを決意します。



大体こんな感じで物語が進んでいきます。結構悲しい展開が続きますので、そういうのが苦手な人は少しきついかもしれません。
TWでボリス使ってた俺にはたまらない小説でした。ボリ子ファンの人は必見です。
これを見て興味がわいてくれたら幸いです。
次はデモニック編を書きたいんだが、まだ1巻しか出てないのでちょっと悩んでる。
気が向いたら書いてみようと思います。

ルーンの子供たち 冬の剣

| vaira | ルーンの子供たち | 18:52 | comments(0) | trackbacks(2) |
再びルーンの子供たち布教計画
前回の屈辱を晴らすべくがんばって書いてみた。


まず「ルーンの子供たち」について
「ルーンの子供たち」は韓国の女性作家ジョン・ミンヒが執筆しているファンタジー小説のことです。ネクソンジャパンが運営しているMMORPG「テイルズウィーバー」の原作小説として知られています。「テイルズウィーバー」はTVCMもしていますので、それで知っている人もいるのではないでしょうか。「ねぇーぼりす〜」→「おれクノーヘン倒すのに忙しいから」的なCMです。最近はゲームショップ編とかいうCMになっているみたいですが・・・みたことないです。。。また「テイルズウィーバー」公式にあるキャラクター紹介を見ることで、登場人物を簡単に把握することができます。が、原作とゲームでは設定が少し違うので注意が必要です。

「冬の剣」と「デモニック」についても書いたんだけど、もうちょい推敲してから
あげてみます。


明日から3泊4日で名古屋・大阪に行ってきます。


| vaira | ルーンの子供たち | 17:39 | comments(1) | trackbacks(1) |
ルーンの子供たち布教計画
おk、30分かけて書いたが全部消えた。
今日はもうかきたくない・・・
| vaira | ルーンの子供たち | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ